心因性EDは簡単に治るが簡単には治らない!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_sorededou-thumb-1000xauto-14482

精神的な理由でEDになってしまう。。。心因性EDという気持ちの問題・精神の問題で陥る勃起不全がある。基本的に若者に多いらしいが、簡単に言ってしまえばトラウマのようなものが働き、勃起をしなくなるという仕組みだ。

基本的に勃起している時は自律神経の副交感神経にギアが入っているのだが、これが不安・悩み・緊張・トラウマになってしまうと、全く逆のギアである交感神経というものに入ってしまうわけだ!

ポイント!!

・副交感神経=リラックス

・交感神経=緊張状態

・自律神経=交感神経&副交感神経

悩みや不安があると人はどうしても交感神経にギアが入ってしまう。いわば臨戦態勢・構えをとってしまうわけだ。なんとも攻撃的な神経だと思うが、時としては重要だ!これがなければ、危機管理能力がないっていう社会生活の中では致命的な欠陥になるから。

しかし、性行為をやっている途中にはこのギアに入れたくはない。

それは誰もそうだが、交感神経(自律神経)を意識的に操る事はできないのが人間の仕組みだ!人間の心臓は自律神経によって動いている!あなたは心臓を自分の意志で止める事はできますか?

できる奴はいない!つまり、交感神経を操る事はできないということだ!

これがEDの奴にとってはドツボになってくる。緊張するな!不安になるな!という硬い意志が逆に緊張を煽ってしまうのだ!

ものごとにおいて、意志の強さと不安は比例している!

どういう事かと言うと、、、今日は絶対に中折れなんてしない!という強い意志があるとする。。。コレに関しては、夫婦生活において重要なことなんだが、その強い意志の裏側には、その強い意志と同等の不安が潜んでいる。

要は自信と不安は表裏一体なのだ。

その表裏一体のどちらのモードを選ぶかで、大きく変わってくる。

そして、心因性のEDは不安モードの方ばかりを選択してしまうんだ。

自律神経を操ることができれば、こんな問題は簡単に解決だが、そんなことは今の文明では不可能だ。体はぴんぴんしていて、生殖機能も正常、、、だが、不安によって勃起が成立しない・・・

なんともモドカシクモ悩ましい問題だ。

心因性EDのドツボにハマる思考と対策

心因性のEDはドツボにハマると本当にぬけ出すことができない。自分がボジティブと考えた事が全て裏目にでるような感覚に陥り、その結果、中折れや全く起たない状況を作り上げてしまう。

ある意味考え方の癖なので、どうしようもないといえばどうしようもないのだが、ここが解決のポイントになる。

反対にドツボにハマるのは「どににかしよう」という気持ちでもある。

フワフワとした言葉遊びにように聞こえるが、俺は経験からいってこれが真実と思う。

上記でも説明したが、「中折れなんてするはずがない!」という自信と「中折してしまうかもしれない」という不安は表裏一体だ。自信の方が表をむけば何ら問題はない。

まさにコインの裏表なわけだが、心因性のEDで悩む男は「中折れなんてするはずがない!」という自信を表にだしたがある。そんなことは絶対にできないのにだ!

自信を自分に言い聞かせて、それで自信がつくのであればこのやり方で問題ないのだが、それができる男はそもそも心因性のEDのドツボにハマることなどはない。そしてドツボにハマる男はそのことを痛感しているだろう。

「中折れなんてするはずがない!」心のなかで何度も言い聞かせたところで、潜在的な自分が不安でいっぱいな状態だと何ら意味もないわけだ。

では、強い気持ちと意思でも潜在的な勃起に対する不安を取り除くためにはどうすればいいのか?

結論から言うと「どうもしなくていい」のだ!

なんとも投げやりな言葉に思えてしまうだろうが、「投げやり」にしてあげることが心因性のEDには1番効果的なんだ。ガンガンに勃起しようが、フニャフニャに中折れしようが、どうでもいいし、何の感情も持たなくてOK。

ただただ「無視」するような感覚。

そもそも、勃起に対して考えている事自体が、勃起に対する問題を誘発しているわけで、自信があろうが、不安だろうが何も考えなければいいんだ。

まさに無関心。無関心であれば、中折れしようがしまいが結果は「どうでもいい」ということ。好きの反対は嫌いじゃなく「無関心」という言葉があるように、勃起に対して無関心であることが心因性EDの克服に1番重要なのだ。

腑に落ちないと思う人も多いだろう。しかし、深層心理と繋がっている自律神経の問題を解決するにはコレが1番効果的であり、この方法しかない。

EDに対して善も悪もつけず、ただただ無関心になっておくことこそが、心因性EDを解決する第一歩なのだ。

これでEDにならずにスムーズに性行為が進められれば、成功体験となり自信になっていく。ここでゆっくりと負のスパイラルから一歩づつ抜け出すようになってくる。

これこそが、心因性のEDから抜け出す為の方法だ。

EDに対して真剣に悩んでいる事自体をやめてしまうように心がけよう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑