精力剤ストロングミサイル(あかひげ)の効果

IMG_0004

これまたあかひげの精力剤・・・ストロングミサイル。

前回はハレム王っていう初心者の入門系を使って効果を実証したがイマイチ・・・やはり、漢方系の単発タイプはオッサンには効果がないという結論に至った。しかし、こりずにまたあかひげで選ぶあたりが、精力剤のおもしろいところ。

同じメーカーのものでも、成分や商品が違えば爆発的に効果があるのが精力剤ってものだ。だから、1度や2度買った精力剤が効かなかったぐらいで「精力剤は嘘・効かない」って決めつけるのはアホがやること。少し金があるオッサンは一度や二度の失敗ではくじけないのだ!

ストロングミサイルの成分

シトルリン、レスベラトロール、エンゾジノール、イチョウ葉エキス、朝鮮人参、亜鉛含酵母、蛇胆、リコピンなど

これはあかひげでは珍しい成分配合。これが俗にいう、漢方的な精力剤と西洋医学の精力剤の混合精力剤。一応、あかひげだから漢方系の精力剤としてまとめてあるだろうが、これは融合タイプの超期待できる組み合わせだ。

しかも、これでいて滋養強壮剤タイプで長らく飲んで効果を出していくタイプの精力剤だ。これが30、40過ぎのオッサンには爆発的に効果を与えてくれる特徴というべきだろうか!飲む前から効果が期待できる!

ストロングミサイルの効果実証

結論から言おう!!

”これはマジで試してみる価値がある精力剤だ”

成分をみたときから、なんとなく良さそうな気がしていたが、想像以上の効果にビックリした。まぁ1週間では成果がでなかった2週間目に入ってからは完璧に精力剤で上がってきている感じがある。これは疲れている時に飲んでも効果があるパターンの精力剤だ!!

漢方系の精力原料とその原料の栄養の隙間を補うために、リコピンやシトルリンといった西洋医学的成分を含ませているところがミソ!!やはり混合タイプの精力剤は俺には爆発的に効果を発揮していくれる。それでいて、単発ではなく滋養強壮剤タイプなので老化現象の歳食ったオッサンにはベスト!!

ストロングミサイルはかなり評価していいだろう。

10点満点中8点を差し上げてもいいと思う。それくらい効果があった。やはり、体力が低下した時や疲れを感じているときに飲むのがベストだ!!そんな時だと1週間くらいで効果が現れるような気もする。もしかすると、もっと早く効果が現れるかもしれないな。

少し高いが、それにみあった効果を獲れたので全く問題ないと俺は思う。しかし、これも個人差があることを覚えておいてほしい!どれだけ、俺が実証して効果があったとしても、他のおっさんが飲むとウントモスントモ・・・なんてこともある。

これが精力剤の難しいところだ。俺に効果はバリアリだったがな!!

俺が買った精力剤シリーズ

※今後も買って実証し更新していく予定だ。

ストロングミサイルの成分詳細

シトルリン

これは最近の精力剤として定番の成分。L-シトルリンなんて呼ばれている、血管を拡張する作用がある成分。もともと欧州で精力増強や勃起回復に使われていた成分で、とても理論的に精力増強や勃起に効果的な仕組みをしている。

欧州の方では医療的な位置づけで処方されるケースがあるようだが、日本ではサプリメントや健康食品でも多く用いられている。医療的に使われているとなると副作用の問題・・・という風に思うかもしれないが、もともとシトルリンというのは人間の身体でも作られている成分。

言わば、外部から取り入れようが副作用の問題は限りになく低い。

欧州では医療的に使われているといってもその作用はかなり緩やかだということで、数ヶ月以上の服用が適正だとされている。だから、シトルリンという成分自体はビビる値しないと個人的には思う。

シトルリンの効果の主は血管を柔軟に保つという役割。

動脈硬化や血流改善などには欠かせない成分であり、中年や高年者にとっては生活習慣病予防に重要な役割を果たすとされている。

もともとシトルリンという成分はスイカの栄養素の中から発見された。アミノ酸の一種でシトルリンが体内で十分にあると一酸化炭素作ることで血管を柔軟に保つことに繋がるのだ。

滋養強壮剤系の精力剤ではまさしく欠かせない成分だと断言していいだろう!

ちなみに、血管拡張作用からペニス増大などにも幅広く使われている成分だ。

レスベラトロール

レスベラトロールはポリフェノールの1種。

ポリフェノールと聞くとワインなどを連想する人が多いが、レスベラトロールはぶどうではなくピーナッツ、アーモンド、ココアなどに多く含まれているポリフェノール。ポリフェノールといえば若返りでフューチャーされた紛れも無い人間にとっての健康成分。

レスベラトロールには抗酸化作用という強い働きがある。抗酸化、、、つまり酸化と対峙している作用だ。

我々人間の体の老化は内蔵がサビてくることで機能が低下していく。

サビる=酸化ということだ。鉄のようにサビるわけではないが、我々の体の中でも酸化という名でサビが常に進行しているのだ。

そのサビに対して有効なのがポリフェノールのような強い抗酸化作用がある成分。その1つにレスベラトロールがある。

人間の勃起には多くの内臓器官が使われている。例えば血管、睾丸、抹消神経、、、これら器官も加齢とともにサビ(酸化)がでてくる。

つまり、血管や睾丸などの器官に老化という現象が起こってしまっているのだ。その老化のスピードには個人差があり、生まれつきの遺伝もあれば、生活習慣のち外により大きく人によって異なる。そういった意味でも抗酸化作用があるレスベラトロールは大きな力を発揮する。

エンゾジノール

エンゾジノールもレスベラトロールと動揺に抗酸化作用が強い成分である。ニュージーランドのエンゾ・ニュートラシューティカルズという企業が研究を行っていて、その効果は臨床実験により人間への健康効果は多大なものであるという研究結果を出している。ちなみに、このエンゾ・ニュートラシューティカルズ社はアメリカで食品安全性の認証を取得している会社だ。

エンゾジノールは、ニュージーランド産パイナスラジアータ松樹皮から抽出された100%自然なエキストラクトです。

引用:Enzogenol Japanese – エンゾジノール 公式サイトへようこそ –

ポリフェノール種のレスベラトロールなどはある意味、その抗酸化作用が実証され働きが確立されているのに対し、エンゾジノールは未だその全てのポテンシャルが解明されていない有効成分だと言っていいだろう。そのため、臨床実験や研究が今も勧められている。

というのも、可能性(ポテンシャル)という部分でみれば、他の抗酸化作用成分を凌駕するという期待値の現れ。

上記でも説明したが、勃起や精力減退というのは、内臓機能の老化現象だ。内臓の老化は見た目には現れないが、勃起障害や精力減退のように機能としてしっかりと現れ、その人にサインを送っている。そんな老化現象に対して、有効なのが抗酸化作用ということだ。

あかひげ薬局ならストロングミサイル!

あかひげ薬局のラインナップを知っている人ならわかると思うが、あかひげ薬局で販売されている精力剤のほとんどは3日間~1週間の容量のものだ。もちろん、商品によって構成されている成分や栄養素は違う。しかし、俺の体験上では容量が1週間以内のあかひげ薬局の精力剤はほとんど効果がない。

そもそも、医療で使われているような成分を使っているわけではないから、即効的や短期的な効果はなかなか期待できない。個人差はあると思うが、少なくともハレム王や突撃プラスといったあかひげ薬局の短期的な精力剤を買って試した俺はそう思う。

そして、ダメ元で買ったストロングミサイルはハレム王などの短期的な精力剤ではなく、3週間以上飲み続ける滋養強壮剤の精力剤だ。

以前に体験結果を報告したハレム王と比べても、その効果は歴然だった。

ハレム王動揺に短期的な効果はもちろん期待できなかったが、1週間後よりも2週間後。2週間後よりも3週間後。というように、着実に階段を上がっていくように精力と勃起力は高まっていったのがストロングミサイルだった。

この体験から”やはり短期的に効果が現れると謳っている精力剤”よりも”少し時間はかかるが服用を続けることで効果を実感できる”といったような謳い文句の精力剤のほうがはるかに効果が期待できるという風に分析している。

そういった分析結果からみても、あかひげ薬局の全ての商品にダメ出しをするというよりは、あかひげ薬局の中でも短期的で比較的にリーズナブルな精力剤は購入を見送ったほうが見のためだという事。

確かに、ストロングミサイルは商品価格が14,040円(税込)と躊躇ってしまう価格ではあり、ハレム王などの4,320円(税込)の方に流れてしまう気持ちはわかる。しかし、俺の経験上では安い方で容量が少ない商品よりも容量が多く長い期間(最低でも3週間)服用するタイプの方がオススメだということだ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑