精力剤ハレム王(あかひげ)の効果

IMG_0003

定番ではあるが、あかひげシリーズの精力剤効果の実証から紹介しよう。

俺があかひげと出会ったのは3年くらい前だ。もちろん、昔から知っている精力剤ではあったが(と言っても店舗名だけ)、なぜだか初心者の段階では手を出さなかった。というのは、漢方系の精力剤という理由だ。

精力剤には大きく別けて漢方系と滋養強壮剤系にわかれる。

滋養強壮剤も漢方系からの派生なのだが、最近の感じだと漢方系の精力剤はより効果が早く現れる類のものが多い。正直、精力剤を買い始めた頃の俺はかなり精力剤と言う得体のしれない商品にビビっていたので、効果が早い=成分がえげつない=副作用の心配があるのでは・・・という方程式があった。だから、始めの段階はビビって漢方系には手をだしていなかったのだ。

まぁ、そんな経験もありつつ、今では定期的にお世話になっている赤ひげ薬局だが、その中でも人気というか、、、定番というか、、、そんな精力剤がハレム王っていう商品だ。

これはWEB限定の商品らしいが、けっこー良い成分が含まれているし、わりとあかひげ薬局では手が出しやすい値段になっている。そういった面でも、精力剤を買おうか迷っている人にとっては効果の実証はためになるのではないだろうか?

ハレム王の成分

【ビール酵母、アカガウクルア、ワイルドヤムエキス末、カンカニクジュヨウエキス末、豚睾丸エキス末、ゼラチン(豚由来)、ステアリン酸カルシウム、着色料(カラメル)】

こんな感じのラインナップだ!!聞き覚えのない成分が多いかもしれないが、バランス的には植物系・動物系といい感じに配合されていて、ナチュラルに効いてくると予想できる成分内容だ。

ハレム王の効果を実証

さて、ハレム王の精力効果だが、、、

ハッキリ言うと大したことはない。もちろん、個人差はあると思うが、健康食品っていうのが俺の使ってみた感想だ。漢方系といってもハレム王に関しては大した即効性もないし、効果もイマイチだ。

1週間ぶんくらいの内容量だが、全部飲んだところで効かない奴には効かない!俺はまぁまぁといった感じの効果だった。10点満点中なら4点といったところが打倒が!辛口かと思われるが、これも何十種類と精力剤を試してきたことがある相対的な評価だ!

実際に3粒を6日間、2粒を1日を毎晩飲んでみたが、1日目も7日目なんら勃起・精力や性欲に変化すらなかった。ハレム王は滋養強壮剤のように数ヶ月間服用してやっと効果が現れるタイプではない。その証拠に1パックが約1週間の容量だ。

ということは1週間でそれなりの効果がある!という意味合いにもなる。

1週間も飲み続けて変化がないものが、その日だけ飲んで効果あるとは思えない。

内容量と値段からみてコスパ的に考えても、俺的にはこの効果だと詐欺とまではいわないがぼったくりだと思う。

そして、もう買うことはない!

初めて精力剤を使うって奴だと、成分的にも悪くないんだろうが、俺ほどの上級者になると、これじゃ全くもって効果がないってわけだ。どちらかというと若者向きかな!プラシーボ的に考えてもあかひげ薬局の名前は強いから、そういった側面ではありかもしれない。

しかし、30代半ば以降のおっさんが使って効果があるとは思えない。というのが俺の実証後の感想。

やはり経験上、オッサンになると、漢方系の単発タイプよりも、すこし長期的に考えた滋養強壮剤の方がいいのかもしれない。とはいっても、効く奴には効くのが精力剤っていう商品だから、興味があるやつは迷って止めるくらいなら、買って失敗してほしいところだな!

俺が買った精力剤シリーズ

※今後も買って実証し更新していく予定だ。

ハレム王の成分チェック

ビール酵母

ビール酵母とは簡単に言ってしまえば「菌(微生物)」だ。ビールを作るときに麦汁にこの菌を入れてやることでビールが完成する。あのエビオス錠もビール酵母のサプリだ。

そんなビール酵母は栄養豊富。

そして、ビール酵母の約50%はアミノ酸、約30%が食物繊維だ。残りの20%はビタミン、ミネラルで構成されていて、かなりバランスよく栄養素が含まれている。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、亜鉛、銅、クロム、セレン、マンガンとこれだけでも精力剤としてやっていけるレベルだ。

ビール酵母を使ったエビオス錠は巷では精力剤として使える!と話題にもなっている。それほどビール酵母というのは男の精力に働きかける栄養素なのだ。

アカガウクルア

アカガウクルアは別名ソフォンとも呼ばれているインドやタイなどで自生している熱帯地域のハーブの1種。

インドやタイなどでは昔から精力増強・強壮といった理由で使われている原料だ。

ハーブの1種とは言ったが、実際にそういった強壮で使われる部分はアカガウクルアの根っこになる。この根っこにDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)という成分が含まれている。

DHEAというのは男性ホルモンの1種。しかし、男の睾丸で作られる男性ホルモンではなく、副腎といって腎臓の一角で作られている男性ルモンの種類がDHEAだ。

男性ホルモンの90%以上は睾丸で作られれるが、10%くらいは副腎で作られている。その10%を担っている男性ホルモンがアカガウクルアには含まれているわけだ。

インドやタイなどではアカガウクルアを「天然のバイアグラ」と呼ばれることもあり、日本で言う「精力=うなぎ」のように言い伝えられている原料なのだ。

そして、その中に含まれているDHEAはアメリカで「若返りのホルモン」として注目が集まっている。

ワイルドヤム

ワイルドヤムは日本で言うところの山芋の1種。

日本でも自然薯などの山芋は精力増強といった効果があることから、強壮食材としても有名だ。

そんなワイルドヤムは女のバストアップに効果的と言われている。

バストアップサプリのほとんどがワイルドヤムを含んでいるくらいだ。その理由はジオスゲニンという成分が含まれているからで、このジオスゲニンは女性ホルモンと同じような構造の物質で、体内に取り込まれると似たような働きをする。

ジオスゲニンという成分は男でも有効!要は人間の性ホルモンに類似していて、体内に取り込まれれると男女関係なく性ホルモンと似たような働きをしてくれるのだ。

ワイルドヤムにはサポニンという成分も含まれている。

大豆や高麗人蔘などでもお馴染みのサポニンだが、大豆に含まれているサポニンは「大豆サポニン」、高麗人蔘なら「高麗人蔘サポニン」というように呼ばれる。

ワイルドヤムならワイルドヤムサポニンということになる。

このサポニンには決まって同じ働きがあり、血中のコレステロールを除去したり、過酸化脂質という血流を悪くする原因を抑制するのだ。こういった働きから、サポニンは血行促進、抹消血管の拡張という効果がある。

ハレム王は割高!コスパが悪い

あかひげのハレム王の効果うんぬんの前に、購入を考えたことがある奴ならひと目でわかるが、ハレム王は超絶コスパが悪い。これはハレム王にかぎらず、あかひげ薬局の全ての精力剤がそうだと言ってもいいだろう。

20カプセル入で4,320円。そして、服用の目安は1日で3粒。パッと計算してわかるとおり、約1週間分で4,320円だ。

1粒あたりは約210円。1日で約630円という金額。

まぁ、「高いと思うなら買うな!」とあかひげ薬局からは言われるだろうが、他の精力剤と比較してみても2倍~3倍くらいコスパは高いと思っていい。これで効果が抜群!というのであれば、安いものかもしれない。が、、、俺の場合は全くもって勃起もムラムラ感にも効果を示さなかった。

こういう商品系は高ければいいってもんじゃない。まさに精力剤なんて言うジャンルは売る側の言い値に近いものがある。他の情報サイトを見てもあかひげ薬局の価格についてはモノ申す奴らが多いのは、勇気とお金を出して、それほど・・・という結果の現れだろう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑